fbpx

Key for Management

成果と生産性を高め、力を引き出すマネジメントのために produced by KAKEAI

Key for Management

成果と生産性を高め、力を引き出すマネジメントのために
produced by KAKEAI

人材育成

部下育成のためのコミュニケーションスキル

更新日:

コーチングとは

コーチングとは、クライエント(相手)とコーチの協働関係によって、クライエントの自主性や自律性を尊重しながら、クライエント自身が状況の改善や問題の解決を図るために支援を行うプロセスを指します。

>>コーチングとは 

アサーティブコミュニケーションスキルとは

アサーション、アサーティブと呼ばれるコミュニケーションの方法があります。自分の考えや要求を表明する権利が誰にでもあり、お互いを尊重しながら自己表現することでより良い人間関係の構築をするためのコミュニケーションスキルです。

>> アサーティブコミュニケーションスキルとは

傾聴スキル

相手と仕事上で協働していくためには、相手の状況、認識や考え方を踏まえなくては、合意形成をして何かしらの活動を一緒に推進することは難しくなります。そのために、相手の話を聞き、相手が言語化できていない領域も一緒に明確にしていくプロセスがより重要視されるようになりました。そこで、相手から情報や考えを引きだすためのアプローチが傾聴力や傾聴スキルとして、重要視されるようになっています。

>>傾聴スキル

部下の話を引き出すための対話の進め方

部下育成の場面では、上司(マネージャー)が部下に対して、指示や指導する場面もありますが、部下の主体性を引き出すために部下自身の考えを聞き出し、上司(マネージャー)の考えと合致している点を確認し、ズレを調整していくアプローチが必要です。とは言え、上司(マネージャー)と部下が話をするとどうしても、上司(マネージャー)が話をしている時間が長くなってしまうという傾向があるようです。

>> 部下の話を引き出す 

自己肯定感の高低による働きかけ

新しいことにチャレンジする時や何かしらの業務を完遂していく上では、自分はできるはずだという一定の自信が必要になります。自分の価値に対する認識は幼少期からの環境や経験が影響しているとも言われますが、仕事で成果を出すために自信を持ったもらいたいときにマネージャー(上司)が部下にどのように関わるとよいのかを自己肯定感から考えていきます。

>>自己肯定感の高低による働きかけ

押さえておきたい部下情報

上司(管理職)と部下の関係性を良好に保つことや健全な関係性のもと、コミュニケーションをとることの重要性は益々高まっています。効果的にマネジメントし、部下の力を引き出すために(管理職)は、部下のどのような情報を知っておくとよいでしょうか?マネジメントの観点から部下について知っておきたい情報を考えてみましょう。

>>押さえておきたい部下情報

 

 

 

 

部下育成関連の記事

部下育成のためのコミュニケーションスキル

効果的な褒め方、叱り方・指摘の仕方

マネージャーなら覚えておきたい、コーチングの技術とは~前編

マネージャーなら覚えておきたい、コーチングの技術とは~後編

部下のキャリア開発にマネージャーが関わる意義

マネージャーが知っておきたいOJTとOff-JTのポイント

自己効力感を高める方法

自己肯定感の高低による働きかけ

やる気を引き出す方法

アサーティブコミュニケーションとは

部下の話を引き出す

部下の「認めてほしい」心を理解し、モチベーションを上げる方法

押さえておきたい部下情報

produced by 株式会社KAKEAI

-人材育成
-,

Copyright© Key for Management , 2019 All Rights Reserved.